ベクター2012年業務用アプリケーション部門賞を受賞

point株羅針盤IX (シェアウェア:税込 5,800円) Ver 10.00 正規版 更新日時:2017年10月26日

正規版ダウンロード Ver10.00 2017/10/26 (4,562,944 byte) インストーラです。保存してWクリックで起動
             最適パラメータ計算を追加、銘柄リスト項目設定を大幅改良、マスタ更新。
β版ダウンロード  Ver10.07 2018/07/12 (5,398,528 byte)   チャートとサムネイルへ[Tickチャート],
  岡三RSS自動売買, 移動平均Nシグナル, 長短乖離Nシグナル, KAMA, コポックNシグナル,,,マスタ更新, バグ修正etc
詳   細    使用条件等をお読みください (AtKabu.txt)

自動売買ダウンロード Ver1.01 2018/07/11 (96,787 byte) 株羅針盤から、岡三RSS自動売買を制御するサンプル
詳   細    簡易な説明書です (AutoN225.txt)
株羅針盤9のユーザさんは、最新の正規版・β版へ無償でバージョンアップできます。
・株羅針盤8のユーザさんは「株羅針盤VIII→株羅針盤IX」3,800円で優待移行できます 画面左の[ライセンスご購入]頁から申し込んで下さい 重ね書きインストールして下さい、過去データはそのまま引き継げます。 優待移行時、自由にPC変更出来ます。
初めての方は、正規版・最新β版を約一ヶ月間、無償でご試用頂けます ほとんどの機能が使えます。 試用中のバージョンアップは出来ません ☆IE9・IE10で、「Windows によってPCが保護されました」    「不明な発行元です」等の過剰な警告が出る場合があります  この画面左上の[インストール]ボタンをクリックしインストール頁を参考にして下さい
 スクリーニングで銘柄を絞り込み、銘柄に合う指標を研究し より質の高い確率優位のトレードを目指す方に使って頂きたい 資金管理やトレード記録を不要と考える方には高機能・多機能過ぎて使いこなせないでしょう  指標毎の[最適パラメータ計算]や[最適指標の自動設定][指標成績][ダイバージェンス] [2番天底][四季表示]の自動表示など、高機能が好評です  最も強力なシグナルと言われる株価と指標のダイバージェンスを簡単に使えます エルダー博士の「投資苑」に対応し3段階スクリーニングや四季表示します ジョンFカーターの「フルタイムトレーダー」の手法も多くサポートしています  チャートを表示したまま期間やパラメータを変更できます リアルに反映するのでチャートを見ながら指標を調整できます 同時に売買マークや利益率も計算するのでバックテストや フォワードテストが簡単です  持株や狙う銘柄をサムネイルでグループ管理でき、財務・指標値でソートできます  国内株,指標,為替,中国株,米株,NYダウ等5,600銘柄を登録済です ヤフー・中国株・楽天RSSの分足に対応しています 簡易LANや自動バックアップも万全です 【サムネイル・銘柄リスト】 前日比,出来高比,株価位置,利回り,PER,PBR,MACD,RSI,,, 指標値を買順,売順,昇順,降順など複数項目でソート、多重絞込も簡単 【チャート】  主要なトレード手法を実装済 最適指標,多数決指標,パターン予想,プロファイル,トレンド分析 3点チャージ,MM法,エルダー3段階  百種以上の指標と平均足,新値足,練行足,カギ足,アームズ,P&F,逆ウォッチ 酒田新値,対数目盛,比較チャート,旧株価,上下反転,保有益,日柄,損切 セーフゾーン,利確,ギャン,フィボ,三空,三兵,髭長,月齢,,,トレード日誌 【スクリーニング】  百種以上の指標でスクリーニング、ソート可能 【取引記録・損益計算】  複数口座管理,確定損益,月計,時価等の計算 税務申告用の計算明細書を印刷  高機能・多機能なので導入時に少し苦労されるかも知れません 1.簡易ヘルプ 2.Q&Aエージェント...マウス操作とキー入力を代行して操作説明 3.サポート掲示板...ライセンス購入前でも質問・ご要望OK  ご購入時のライセンス料金のみ必要です インターネットから無償で株価・信用残・財務情報を取得 一ヶ月の試用期間がありすべての機能が使えます
Ver10.00...2017.10.26 正規版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)[最適パラメータ計算]機能を追加しました  予想を除くほとんどの売買マークに対応しました  最適な、期間と範囲パラメータを計算します  ***** 標準的な使い方 *****  1.[◎ 期間パラメータ]を選んで[計算]をクリック実行する  2.[◎ 範囲パラメータ]を選んで[計算]をクリック実行する  3.もう一度「1」を実行してみる   もし、利益率等が変化しなければOK、   変化すれば「2」を実行する   交互に繰返し、期間と範囲の最適なパラメータを計算します  開始・終了を入力して計算する範囲を設定できます  ステップ数値を増やすと、計算回数を減じる事が出来ます  ステップ[0]は、開始の1値を使い、変化させません  パラメータを変化させない項目に使って下さい  計算結果を一覧表へ表示します  あらかじめ[選択:◎]してありますが、自由に変更できます  [◎→○]にすれば、変更を反映しません......取消です  作者:作者のトレード用に、パラメータの最適化を色々と試行錯誤していました     実戦の試用を重ね、有効と判断できたので一般公開します     パラメータの最適化(カーブ・フィッティング)には賛否両論あります     しかし、反対意見の多くは十分な最適化すら実行せず、検証不十分のようです     かと言って、常に最適化が有効とも言えません     長期間で最適化し、その後の有効性(短期間)が持続するパターンを探しましょう     銘柄や投資スパーンに合わせ、最適なパラメータを見つけて下さい  注意:非常にCPUパワーを要する作業です、処理時間はPC毎にかなり異なります     特に長い期間を分析する場合、メモリ・スワップ等が発生し、非常に時間が掛かります     パラメータの開始・終了期間を短くするとか、ステップを大きくして下さい (*)銘柄リストの項目設定を大幅に改良しました  すっきり簡単に選択できると思います (*)米国ヤフーの仕様変更に対応しました  仕様変更で米国株・NYダウ等が読めなくなりました  ※日米ヤフーとも[%5EDJI:NY DOW]の株価履歴公開を止めています   一時的な中断か、永久的な中止かは不明です   もしダウ株価が必要なら、銘柄へグループ番号を付け毎日読込む設定にして下さい。 (*)香港ヤフーの仕様変更に対応しました  幸いなことに、新仕様で中国株の財務データが幾つか読めるようです  [時価総額][発行株数][PER]をサポートしました (+)株価読込へ「指定期間再読込」オプションを追加しました  例えば、直近の1年間で株価が異常かな?  中国株で出来高0で始・高・安・終値が1値の日がある?  等の異常があれば実行して下さい。  指定期間(初期値:250日:約1年)を再読込します  「全期間株価読込」を実行するほどでない場合に使います  又、株式分割・併合があった場合、殆んど(60%程度)自動的に修正しますが  もし漏れのある場合、この作業を実行すれば自動的に修正します  ※特に香港ヤフーで、出来高0、1値の日がまれに発生します   香港ヤフーの最新仕様は、18ヶ月程度しか過去株価を持っていないようです   「全期間株価読込」を実行するとそれ以前の株価が無効になるので   新機能の「指定期間再読込」を実行して下さい  注意:実行はかなり時間が掛かります     作者環境で5000銘柄を実行すると一晩(12時間)掛かりました (+)出来高へ[出来高四季表示]を追加しました  [ 〃 移動平均]のEMA期間の移動平均線が対象です  表示に好みがありそうなので、個別に表示/非表示を選択できます (+)日足・週足・月足の連動強化  [日足⇔週足][週足⇔月足][日足⇔週足⇔月足]連動時、連動先の株価を表示します (+)指標シミュレーションの選択項目へ[最終範囲:計算する]を追加しました。  [計算する] 最終の売買マーク以降を最終株価日まで利益計算します  [計算しない] 〃 計算しません...従来互換です (+)[比較チャート]→[乖離率]へ表示オプションを追加しました  [ヒストグラム]従来互換のバー  [ライン]   折線表示  ☆乖離率の表示位置を出来高の上へ移動し、見やすくしました  →kokoa さん、ご要望ありがとうございます。   ご要望を全く満たしていませんが、少しだけ見やすくしました。 (+)銘柄リストのエクスポートへ[単位出力(%,σ)]オプションを追加しました  [〆]カラム数値へ[%][σ]等の単位を付加する...初期値で従来通り  [ ]単位を付加しないで数値のみ出力する    Excel等で加工するのに便利そうです  ☆同時に不要なカラム名を出力しないように改良しました  →ともさん、ご要望ありがとうございます。 (+)[集合足][集合足ローソク下]を指標として追加しました  集合足とは複数のローソク足をまとめたもので、  上位足とか組足・異時系列足とも呼ばれています  例えば、5分足へ30分足を同時に表示します  日足へ週足を同時に表示できます(5日で週足表示)  週足へ月足を同時に表示できます(5週で月足表示)  月足へ年足を同時に表示できます(12月で年足表示)  集合足の期間は自由に設定できます  作者:以前から、多くの方にご要望を頂いて宿題にしていました。     当初、重書きを考えていましたが、少し見難いので実装を躊躇していました。     ふと、ローソク下へ表示すればと思いつきテスト実装してみると有効そうです。     ご要望を頂いた方は現在見ていらっしゃらないかも知れませんが、出来は如何でしょうか? (+)[QQE]指標の売買マークへ[以上以下をつけ加える]オプションを追加しました  〆:上抜き・下抜きにQQE値の以上・以下の条件をつけ加える  _:従来通りでGC・DCに従う (+)[グループ管理とグループ銘柄へインポート]へ[グループ演算]機能を追加しました  グループ間の演算を実行し、新グループを作成します  [+]左と右の全銘柄 ⇒和の新グループ   →左グループと右グループの総ての銘柄   例:手法1のグループと手法2のグループを同時に検証したい  [−]左から右の重複を除く ⇒差の新グループ   →左グループの銘柄から右グループの銘柄を引いたもの   例:前日のスクリーニング結果は前日に検証した、     同じ方法で当日スクリーニングしたので、差分のみ検証したい  [&]左と右の重複銘柄 ⇒AND新グループ   →左グループと右グループの両方へ属する銘柄   例:スクリーニング結果を、既に流動性などを調べたグループ内で検証したい  [|]左、又は右で重複除く⇒OR新グループ   →左グループと右グループへ属し重複のない銘柄   例:ちょっと思いつきませんが、何時か役立つかも?  →ともさん、ご要望ありがとうございます。 (+)[線形回帰トレンド−1][線形回帰トレンド−2]へ[曲線回帰]機能を追加しました  表示個数=0で「曲線回帰」として動作します。  作者:線形回帰はバンド表示として非常に優れものです。     ただ株価の基準位置が異なると形状を変化させ、売買マーク位置も変化する欠点がありました。     直線を引くのではなく、線形回帰の終値位置の値を描画する事でこの欠点を補おうと考えてみました。     言い換えれば、標準偏差のバンドを描画します。     従来と異なり、次の足が描画されても売買マークなどは固定になります。 (+)サムネイルへ[Vボラ・ストップ]指標を追加しました  →きょうよしさん、ご要望ありがとうございます。 (+)スクリーニング項目へ[OBV]値を追加しました  →きょうよしさん、ご要望ありがとうございます。 (+)移動平均1・2・3へ[上昇カウンター]を追加しました  スクリーニング項目も使えます  ※移動平均線が上昇を開始して+カウント、下落を開始して−カウントします (+)総てのオシレータ系指標へ、スクリーニング項目[増減]を追加しました  これ以外も追加しています。  チャートの右下、指標値の欄へも追加しています。 (+)RSIOMAへ、パラメータの異なる2線追加しました  [参考]     参考用のRSI期間と移動平均を使い、2線を追加します  [ヒストグラム] 従来のヒストグラムを表示/非表示します  →きょうよしさん、ご要望ありがとうございます。 (+)[株価データの一括修正]へ分足サポートを追加しました  →大森 さん、ご要望ありがとうございます。 (+)[コポック]指標へ売買マークをサポートしました (+)[カーソル目盛表示]時に、下部指標へ十字線の右へ値を表示します (/)ローソク足表示期間の[〜至日時]の表示を変更しました  従来はローソク足の右余白を含めていましたが、新仕様で実データの末尾を表示します  恐らく、新仕様の方が直感的だと思います (/)指標シミュレーションの選択項目へ[計算範囲]を追加しました。  [マーク通り]売買マーク通りに計算します...従来互換です   [最終足まで]最後の売買マーク以降、最終足まで利益計算します (/)買いマーク・売りマーク右の[複合条件]→[指標AND]項目名を変更しました  指定全指標が▲同時点灯で買い。 チェックなしは、いずれかの▲点灯で買い(指標OR)  指定全指標が▼同時点灯で売り。 チェックなしは、いずれかの▼点灯で売り(指標OR)  直感的な理解のしやすさを狙ったもので、動作に変更はありません (/)移動平均[高安値平均]を[高安値バンド]に名称変更しました  この方が直感的に実態を表しているようです (/)スクリーニング実行画面をシンプルで直感的に改良しました  複雑な設定で判り難いのを少しでも改善出来れば嬉しいです  →西村さん、ヒントをありがとうございます。 (/)[ファイル]→[スナップショット]で[株価読込画面]と[スクリーニング実行画面]に対応しました  事前に、株価読込/スクリーニング画面を表示しておけば、その画面をスナップショットします (/)[集合足]の[同値線色]を追加しました  又、分足の日夜境界付近で表示抜けがあるのを修正しました (/)[VLDMI]等の指標の例外値処理を向上させました (/)スクリーニング時、エラー株価を除去するよう修正しました  スクリーニング銘柄へ、破損した株価ファイルが含まれた場合のエラー処理強化です  →西村さん、ご協力ありがとうございます。 (/)[キャンドル・パワー]の以上・以下値を小数以下1桁にしました  従来は整数でしたが、分足時など目盛が荒すぎるので修正しました (/)親チャート足とローソク下指標を同時に表示した時、左目盛を元の株価のまま表示します  ローソク下指標の表示にすると、親チャート足の目盛が見難いので修正しました  欠点:横目盛り線を共用するので、区切りの悪い目盛数値になる場合があります (/)[ボリンジャ]指標の[買い順張り][売り順張り]売買マークを改良しました (/)[線形回帰]指標の[傾き(上昇率‰)で判定]売買マークを廃止しました (/)スクリーニング画面の[パターン最適化]を廃止し  チャートの[パターン指標]選択と[最適化表示]に従うようにしました (/)[移動平均比較][GC・DC乖離率差 下部]の線色を独自に変更可能にしました (/)「取引記録・損益計算」頁の[「為替レート」参照]を最新サイトに修正しました  エイト証券(旧UW証券)の為替履歴サイトを参照します (-)RSI系列の例外時計算を正常処理にしました  RSI,RSIOMA,VLDMI,QQE指標で、終値一致が続くと低い値を誤表示していました (-)銘柄リストの項目[1本足型]⇔[上髭下髭長]項目名と内容が互いに食い違っていた (-)ユーザさんが追加した銘柄が「銘柄マスタを最新情報に更新」で無効になる→修正  →piano_2011さん、ご指摘ありがとうございます。 (-)スクリーニングの[四季一致]が狂う事がある→修正  十銘柄に1つ程度、不正確な表示になっていました  スクリーニング高速化がバグを作ったようです  →ショウイチ さん、ご指摘ありがとうございます。 (-)ヤフーの仕様変更で[1株配当]を表示しない→修正 (-)[マイ・シミュレーション]のチャート上右クリック:リスト入力が異常→修正  他の機能追加時、悪影響を受けたようです m(__)m (-)新値足が誤描画する→修正  最終足で反転する場合の処理がおかしかったようです。  例えば「9755:応用地質」週足の新値足が異常表示していました  →kokoa さん、ご指摘ありがとうございます。 (-)[銘柄リストのファイル出力]カラム重複や余分なカラムを出力する→修正 (-)日足・週足・月足連動の帯表示が不要時に残ることがある→修正 (!)銘柄マスタを最新情報に更新しました  もし自動起動しない場合  メニューから[マスタ]→[銘柄マスタを最新の情報へ更新]を実行して下さい 更新]を実行して下さい -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.01...2017.11.02 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (+)サムネイルの日足へ[1年半]を追加しました  ,,,[9ヶ月][1年][1年半(追加)][2年],,,  →一撃 さん、ご要望ありがとうございます。 (+)メニューへ[新バージョンを確認して終了]を追加しました  任意のタイミングで新バージョンを確認できます (+)[エラーと異常動作の対策]へ[連続実行する]機能を追加しました  個別にエラー対策をするのではなく、一括して処理します (-)[移動平均比較]の[〆:最適化表示]が動作しない→修正  最適化表示したスクリーニング結果も異なっていました  →櫻井 さん、ご指摘ありがとうございます。 -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.02...2017.11.22 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (+)[投資主体別売買動向]を[その他]指標として追加しました [海外投資家],,国内[法人合計],,国内[個人計]等の売買動向を折れ線で表示します  [増減値]    週・月単位の増減値を表示します  [累積(開始より)]データ開始時からの累積を表示します...注意:現在残高と異なります  [株価読込市場の株価読込][サムネイルの株価読込]時に、データを読込みます  もし将来的にも不要なら、[オプション設定]→[起動・株価読込]頁の  「[投資主体別売買動向]を読込む」オプションを切って下さい  月足:月計を3年程度  週足:週計を3年程度  日足:週計を便宜的に表示します  注意:導入時は空白です、次の株価読込でデータを取得します     入手データの制限で、前週・前月迄のデータです     直近週・月はデータが公開されていません  作者:売買動向を表形式で見る機会は多いのですが、日経平均や自分の銘柄と     比較する目的で指標として実装しました。     海外投資家と個人投資家の売買動向を比較するのに便利そうです     データ入手先の制限で、とりあえず3年程度しかデータがありませんが     それなりに有効に使えそうです。     同種の長期間のデータを公開しているサイトがあれば教えて下さい > ALL (+)指標設定画面へ[指標検索]文字入力をサポートしました  例えば[バンド]と入力すると[ATRバンド][高安値バンド][HLバンド],,,等と  次々に部分文字列で検索します  →けんた さん、ご要望ありがとうございます。 (/)[最適パラメータ計算]を少し高速化しました  長期間の計算時、非常に遅くなることがありましたが、改良しました (/)サムネイルでマウスを乗せても[グループ番号]表示をしない・遅い・鈍いを修正しました  サムネイル十字カーソル表示の悪影響を排除しました (/)[旧株価シフト表示・下部指標表示]右余白を一目並みに広くしました (-)[GC乖離 上部四季][DC乖離 上部四季]が[最適化表示]チェックなし時、表示しない→修正  →櫻井 さん、ご指摘ありがとうございます。 (-)スナップショットで[◎タイトル・メニューを含まない]エラーが発生する事がある→修正 -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.03...2017.12.12 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)岡三RSSをサポートしました  必要事項:岡三証券の口座開設と岡三RSS(場合により有償)を使用出来る事       エクセル2010以降がインストールしてあること  《インポート》   足種別 :分足/5分足/15分足/30分足/時間足/日足   昇順降順:昇順/降順   期間  :[分足]1〜5(日数)を指定、[日足]1〜36(月数)を指定、本数 指定:0   本数  :本数。期間を指定する場合は0  ☆日本株と先物が対象です。   分足は1分足〜時間足を1日〜5日分、   日足は1ヶ月〜36ヶ月(3年)をファイル保存し、インポートできます   用法:分足の場合、毎日閉場後、又は開場前に1日分の5分足等をインポートします      日足の場合、株価全期間読込でヤフーから履歴を取得できるのであまり意味はないでしょう   作者:永らく「k-db.com」サイトで分足等のインポートが可能でした      ... 大変お世話になりました m(__)m      2017年末で、株価データの公開を止めるとアナウンスがありました      これに代わるインポート先を検討した結果、岡三RSSにたどり着きました      岡三RSSを利用するには、口座開設が必要で、      条件を満たさないと有償のサービスになります。      又、対応するエクセルが必要です。      面倒ですが、流石に証券会社だけあり、安心して利用できる環境のようです      RSS無償期間内に動作確認し、有効と判断できればご利用下さい  《分足リアル読込》   5分足を自動的に読込みます   用法:従来の楽天RSS・ヤフー分足と同様の操作です。[分足ボタン]等で起動します      [オプション]→[オプション設定]→[岡三RSS]タブ頁で必要事項を設定して下さい      [岡三RSSの使用承諾][起動コマンド][XLAファイル]が必須です   作者:5分足を直接取得できるので、高値・安値等の抜けがありません      ヤフーや楽天RSSと比較し、確実な情報を安定して得る事が可能です -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.04...2018.01.03 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)岡三RSSの[インポート][分足リアル読込]より安定動作をするように改良しました (/)赤青ローソクの青足をすこし暗くしました (-)平均足マルチタイムで同値が長く続くと描画しない→修正 -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.05...2018.04.09 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)岡三RSSの自動売買に対応しました  株羅針盤の売買マークを、岡三RSS自動売買用エクセル・ファイルへ出力します。  本ソフトで岡三RSSとの連携機能をご利用頂くには  「本ソフトでRSSを使用したことにより問題や損失が生じても、岡三証券や作者は一切の責任は負わない。  又、本ソフトでの使用方法などを岡三証券に一切質問しない」とのユーザさんの承諾が必要です。  本機能を使用するには、オプション専用のライセンスキーが必要です  ☆先物用サンプル提供(動作保障は一切ありません。実践用は各自でプログラムして下さい)  1.C:\Space\AtKabu\Okasan\AutoN225.xlsm エクセル用サンプル    C:\Space\AtKabu\Okasan\AutoN225.txt  簡易な説明書  2.株羅針盤で売買マークが発生すると「コード・売買マーク・呼出価格」をエクセルファイルへ送信します    コード: 岡三RSS用のコードです...[N225]    売買マーク: 1:最終足へ買いマーク、、、売買マークは未確定で消える可能性があります 2:前足へ買いマーク、、、、売買マークが確定しました -1:最終足へ売りマーク、、、売買マークは未確定で消える可能性があります -2:前足へ売りマーク、、、、売買マークが確定しました    呼出価格:呼出時の終値    [標準モジュール]→[Module1]→[UKMark(岡三コード, 売買マーク, 呼出時終値)]     Public Sub UKMark(ByVal Code As String, ByVal Mark As Integer, ByVal Value As Integer)  3.エクセルファイルで望みの発注方法をプログラムして下さい  【注意】大引けの10分前から、売買マークを[1]+[2]と[-1]+[-2]連続して出力します。      これは[2][-2]を使用すると、閉場間際で売買マークが出力されない恐れに対する処置です 【制限事項】分足チャートを表示している銘柄を対象にします    チャートへ日経平均先物を表示し、その売買マークを使って   「日経225ミニ」をドテン売買するサンプルです  ☆岡三RSS自動売買との連携機能は「別途オプション」で、  「自動売買連携ライセンスキー」が必要です  価格は考慮中ですが「58,000円」を予定しています。 自動売買を実行すれば、簡単に利益が出ると言うものではありません。  利益の出る売買マークを使用すれば、夢の「自動集金システム」になります。  しかし、利益の出ない売買マークを使用すれば、悪夢の「自動捨金システム」になります。  自動的に、ドンドン元金が減ってゆきます。  又、ハードやソフト、通信回線の不具合で思いがけない喪失を被ることがあります。  この様な過大なリスクがあるので、万人にお勧めしません。  事前に十分な検証を行い、リスクを十分理解した方のみ申し込んで下さい。 (*)分足の管理を変更しました  オプション画面へ[分足の常用本数]を設け、常用するローソク足本数を制限しました これは、スピードアップと  2年以上の分足をパターン予想で読込むと「メモリ不足エラー」等の対策です  初期値は足数6000本ですが、PC能力が高ければ20万本程度は使えそうです (+)[KAMA 適応移動平均]指標をチャート・サムネイル・スクリーニングへ新設しました  カウフマンの適応移動平均(Kaufman's Adaptative Moving Average)  移動平均の期間を自動的に変化させ、株価変動に追従する移動平均です  西君独自のドテン用シグナル線(Nシグナル)を付けています  スクリーニング項目は[上昇率][上昇カウンター][2線乖離][乖離率][乖離率増減][2線乖離]  作者:適応移動平均は自動的に変動に対応する素晴らしい移動平均です。     以前から興味があり、テスト実装など試みていました     しかし、売買に使うにはGC・DC等が連続して発生しイマイチの成績です。     最近、特にトレンドフォローに興味が強くなり、再度見直してみました     不要なシグナルを消す目的で、西君独自のシグナル線を開発しました     なかなか良い成績のようです     例により、新作でパラメータの調整などは不十分です     「最適パラメータ計算」等を使ってユーザさんの最適値を見つければ     キット役立つと願っています     同類のFAMAも同時に検討しました。フィルターで余分な変動を抑えている以外は     ほとんどKAMAと同一曲線です     独自シグナル線で十分フォロー出来そうなので実装を見合わせました (+)[移動平均Nシグナル]を新設しました  移動平均(EMA)を下部へ表示し、  西君独自のドテン用シグナル線を付けています  順張り指標として開発しました (+)[長短乖離Nシグナル]を新設しました  短期移動平均(EMA)と長期移動平均(EMA)の差を計算し、  長短乖離差として表示します。  これに、西君独自のドテン用シグナル線を付けています  順張り指標として開発しました  注意:表示単位は万分率です[%%]と表記しています (+)[コポック]指標(チャート・サムナイル)へ、Nシグナル線を追加し  [Nシグナル線で判定]売買マークを付けました  西君独自のドテン用シグナル線の応用でトレンドフォローです  新作です。ユーザさん自身で最適なパラメータを見つけ、順張りに活用して下さい (+)[四季ゾーン一致]へ売買マークを付けました  ただ、四季ゾーン一致はローソク足の追加で変化したり、1つ前の足へ出たりします  この特徴(欠点)に十分注意してご利用下さい (+)指標設定画面下部の[シミュレーション]画面を改良しました  [元金] 100を初期値にし、利益率合計と、利益計算額を表示します      100万円で投資を始めた場合の仮計算です。お好きに変更して下さい  [最大ドローダウン] ドローダウン率とドローダウン額を表示します  ※下部へ[シミュレーション]を表示すれば同様の機能がありますが、簡単に一覧できます (+)シミュレーション計算方法へ[Gap]オプションを追加しました  分足でギャップを入れて計算するか、ギャップを考慮しないかを選択します  分足指標で、ギャップを考慮しないで最適なパラメータを探せます (+)分足の[旧株価シフト表示]へ[週シフト]オプションを追加しました  過去の同一曜日の同一時刻を参照できます...過去履歴データが必要です  同時に、下部[補正%表示]選択時に、直近の日中・夜間:開始時刻を基準に表示します  デイトレに非常に役立ちそうです?! (+)岡三RSSリアル読込へ[読込足種]選択を追加しました  従来通りで初期値[5分足]です、必要な足種を選択してください (+)サムネイルの[RCI(改)]を2本線から3本線に追加しました  →きょうよし さん、ご要望ありがとうございます。 (/)[コポック]はチャートでチェック時のみスクリーニング・データを作成していましたが  他の指標と同様に、チェック(表示)なしで計算するよう改良しました (/)対数目盛(横軸)を少し緩やかにしました  [対数目盛1(横軸)]かなり穏やかに  [対数目盛2(横軸)]1と3の中間程度  [対数目盛3(横軸)]従来通り (/)「k-db.com」サイトの公開中止に準じ、株価読込、ブラウザ先から機能を削除しました (-)「スクリーニング用の「指標設定]」でエラー発生→修正  →けんた さん、ご指摘ありがとうございます。 (-)株価データが少ない(月足等)と「整数オーバフロー・エラー」を発生する→修正 (-)[指標の最適パラメータ計算]入力項目の下限[▽]クリックで異常値→修正 (-)[最適化表示]チェックで、チャート・スクリーニングで整数オーバーフロー→修正 (-)コポックの[買い範囲・売り範囲]表示が逆→修正 (-)[指標成績][ダイバー][2番天底][四季ゾーン]表示で空白銘柄が混入する→修正 (!)銘柄マスタを最新情報(市場etc)に更新しました  もし自動起動しない場合  メニューから[マスタ]→[銘柄マスタを最新の情報へ更新]を実行して下さい -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.06...2018.07.11 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)チャートとサムネイルへ岡三RSSを利用した[Tick]をサポートしました  設定は[オプション]→[オプション設定]→[岡三RSS]タブ頁  [分足データ読込] 岡三RSSで分足を利用する  [Tickデータ読込] 岡三RSSでTickを利用する  [〃出来高通番優先]チャート表示で出来高通番の間隔通りに表示する  [常用レコード数] チャート表示に使用するレコード制限  ・関連指標[買付強度 (Tick専用)]をチャートへ追加しました   [買付強度]100×(買数量÷(買数量+売数量))  Tickと分足の違いについて  【Tick】    長所:出来高の発生単位でローソク足を作成するので現実が反映されやすい    短所:出来高急増時に、提供元のデータで「出来高通番」の抜けが発生する  【分足】    長所:4本足データを確実に読込めるので、分足などを正確に表現できる    短所:出来高0の足を、チャート描画時に補填するので、       リアル取引中、出来高0と売買マークが重なった時、売買マークを出力できない (+)岡三RSS自動売買へ[3][-3]を追加しました  売買マーク: 1:最終足へ買いマーク、、、売買マークは未確定で消える可能性があります 2:前足へ買いマーク、、、、売買マークが確定しました   3:前々足へ買いマーク  <<追加 -1:最終足へ売りマーク、、、売買マークは未確定で消える可能性があります -2:前足へ売りマーク、、、、売買マークが確定しました   -3:前々足へ売りマーク  <<追加  注意:1分足などで出来高0の場合、チャートは正常に表示しますが、     売買マーク出力は抜ける事があります  Tick:出来高0の足は存在しないので注意事項は不要です (+)[フラクタル]へ売買マークを付け、オプションを追加しました  追加条件  [and 終値で比較]  従来の高安値比較に、終値同士の比較を追加  [and 安高値で比較] 従来の高安値比較に、安高値同士の比較を追加  [and 終値比較 and 安高値で比較] 終値同士と安高値同士の比較を追加  [高値・安値から○円ドテン]    直前の高値から指定金額で売りドテン,,,  [反落の陰線、反転の陽線でドテン] 反落開始の指定金額の陰線で売りドテン,,,  売買マークの位置を正確さを求めて変更しました  従来はフラクタルの位置へ売買マークを出していましたが、現実と異なります  例えば「後足比較=2」の場合、フラクタルの足から2本後でないと判別できません  後足比較=2:フラクタル足より2足後ろで売買マークを出します  後足比較=1:フラクタル足の次2足目で売買マークを出します (+)[ローソク1本足型分析][2本足型分析][3本足型分析]へ[最適パラメータ計算]機能を追加しました  他のツリーと異なり、詳細設定画面の右へボタンがあります  他の機能と異なり、足型間で最適を判断します  [足型名]  [▽相手] 買いの足型分析で、売りの相手足型を表示します  [▲買マーク]  [利益率]  [△相手] 売りの足型分析で、買いの相手足型を表示します  [▼売マーク]  [利益率] ※分析リスト以外に、[▽相手][△相手]に多く出現する足型も参考になります (+)チャートの縦線目盛をオプション変更できるようにしました  [オプション]→[チャート・オプション]→[余白・・・目盛位置]タブ頁で設定します  Tick:10本 〜 50本  分足:1時間・ゾーン  日足:1週間・1ヶ月  週足:1ヶ月・1年間  月足:1年間  →たかし さん、ご質問ありがとうございます。 (*)スクリーニング項目[出来高期間内平均]へ単位を表示(株)(千株)します  →桜井 さん、ご要望ありがとうございます。 (/)取引報告書を10年以前でも注意を喚起して登録可能にしました  →小林 さん、ご迷惑をお掛けしました。 (/)[酒田新値]表示時、高安値を表示する  従来は省略仕様でした  なるべく酒田新値のカウントとかち合わないように表示します  →桜井 さん、ご質問ありがとうございます。 (/)利益計算用の[分足ギャップ]へオプションを追加しました  [含める]  ギャップに関係なく利益計算します  [含めない] ギャップを含めず、利益計算します  [マーク継続]ギャップ前で決済し、ギャップ後に再仕掛で計算します (/)岡三RSS分足読込をより確実に読めるように改良  1分足などで、まれに出来高や終値を取りこぼすことがありました  当足に加え、前足も2重に読込む事で抜けを防止しました (-)岡三RSSで[N225mini][TOPIXmini]が読めない→修正 (!)銘柄マスタを最新情報に更新しました  もし自動起動しない場合  メニューから[マスタ]→[銘柄マスタを最新の情報へ更新]を実行して下さい -------------------------------------------------------------------------------- Ver10.07...2018.07.12 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (-)分足の期間が狂う。[5分足]→[10分足]を表示etc →修正 -------------------< 将来の展望 >------------------------------------ ・西君なりのシステム売買を構築中です  1.最適な指標を成績一覧等から見つける  2.自動売買を実行する  3.直近の株価変動に合わせ、最適指標の選択とパラメータを最適化する  上記を「日経平均先物ミニ」にて検証中です ※「株羅針盤サポート掲示板」を開設しています、参加をお待ちしています http://space.bbs.coocan.jp/ メニューから[ヘルプ]→[サポート掲示板]で選択できます ※β版はマニュアル未更新です、新規機能を追加して新たなバグが混入しているかも知れません。  お手数ですが、バグなどを見つけたらサポート掲示板でご指摘下さると嬉しいです