ベクター2012年業務用アプリケーション部門賞を受賞

point株羅針盤VIII (シェアウェア:税込 5,800円) Ver 9.82 正規版 更新日時:2017年5月11日

正規版ダウンロード Ver9.82 2017/05/11 (4,509,696 byte) インストーラです。保存してWクリックで起動
             米国・香港ヤフー新仕様対応、マスタ更新。Ver9.80 以前はダウ等が読めません
β版ダウンロード   Ver9.84 2017/06/22 (4,509,696 byte)
  比較チャート・エクスポートオプション、スクリーニング高速、シミュレーション最終範囲、バグ修正
旧正規版ダウンロードVer9.80 2017/04/22 (4,542,464 byte)
詳   細  使用条件等をお読みください (AtKabu.txt)
株羅針盤8のユーザさんは、最新の正規版・β版へ無償でバージョンアップできます。
株羅針盤7のユーザさんは「株羅針盤7→株羅針盤8」3,800円(税込)で優待移行できます。 重ね書きインストールして下さい、過去データはそのまま引き継げます。 優待移行時、自由にPC変更出来ます。 画面左の[ライセンスご購入]頁から申し込んで下さい
初めての方は、正規版・最新β版を約一ヶ月間、無償でご試用頂けます ほとんどの機能が使えます。 試用中のバージョンアップは出来ません ☆IE9・IE10で、「Windows によってPCが保護されました」    「不明な発行元です」等の過剰な警告が出る場合があります  この画面左上の[インストール]ボタンをクリックしインストール頁を参考にして下さい
 [最適指標の自動設定]や各指標の[最適化]、[指標成績][ダイバージェンス] [2番天底][四季表示]の自動表示など、高度な機能が好評です しかし資金管理やトレード記録さえ不要と考える横着者にはお勧めしません  まず銘柄を絞り込み、銘柄に合う指標をじっくりと研究し 毎日の取引・株価・指標分析等を記録し より質の高いトレードを目指す方に使って頂きたい  最も強力なシグナルと言われる株価と指標のダイバージェンスを簡単に使えます エルダー博士の「投資苑」に対応し3段階スクリーニングや四季表示します ジョンFカーターの「フルタイムトレーダー」の手法も多くサポートしています  チャートを表示したまま期間やパラメータを変更できます リアルに反映するのでチャートを見ながら指標を調整できます 同時に売買マークや利益率も計算するのでバックテストや フォワードテストが容易に実現できます  持株や狙う銘柄をサムネイルで一覧でき、財務・指標値でソートできます  国内株,指標,為替,中国株,米株,NYダウ等5,600銘柄を登録済です ヤフー・中国株・楽天RSSの分足に対応しています 簡易LANや自動バックアップも万全です 【サムネイル・銘柄リスト】 前日比,出来高比,株価位置,利回り,PER,PBR,MACD,RSI,,, 指標値を買順,売順,昇順,降順など複数項目でソート、多重絞込も簡単 【チャート】  主要なトレード手法を実装済 最適指標,多数決指標,パターン予想,プロファイル,トレンド分析 3点チャージ,MM法,エルダー3段階  百種以上の指標と平均足,新値足,練行足,カギ足,アームズ,P&F,逆ウォッチ 酒田新値,対数目盛,比較チャート,旧株価,上下反転,保有益,日柄,損切 セーフゾーン,利確,ギャン,フィボ,三空,三兵,髭長,月齢,,,トレード日誌 【スクリーニング】  百種以上の指標でスクリーニング 【取引記録・損益計算】  複数口座管理,確定損益,月計,時価等の計算 税務申告用の計算明細書を印刷  高機能・多機能なので使いこなすのに少し苦労されるかも知れません 1.簡易ヘルプ 2.Q&Aエージェント...マウス操作とキー入力を代行して操作説明 3.サポート掲示板...質問・ご要望等  ご購入時のライセンス料金のみ必要です インターネットから無償で株価・信用残・財務情報を取得 一ヶ月の試用期間がありすべての機能が使えます
Ver9.50... 2016.10.18 正規版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)米国ヤフーの仕様変更で「外国株・外国指標」の株価読込とリアル更新が不可になりました。  最新仕様に対応しました。  注意:最近、米ヤフーのサーバが負荷課題気味です     特に[%5EDJI:NY DOW]は読込みにくく、     [HTTP/1.1 504 Maximum Transaction Time Exceeded]待ち時間のタイムアウト     [HTTP/1.1 502 Server Hangup]サーバのハングアップが多発します。     香港株を米ヤフーで読込むのを初期値にしていますが、     念の為、香港株を香港ヤフーを初期値に変更しました。  制限:米国株データを連続して多量に読込むとサーバから拒否されます     詳細は調査中ですが、しばらく時間をおいて再実行して下さい (*)[オプション]→[オプション設定]→[起動・株価読込]タブ頁へ  [米国株の株価取得先]オプションを追加しました  [○:米ヤフー] 旧互換動作です  [◎:日本ヤフー]初期値です。最近主要な米国株をサポートしたようです  作者:米国株を本格的にサポートし、多くの銘柄の株価を     米ヤフーから多量に読込んでいると読込制限が発生します     何か対策は無いかと試行錯誤し、日本ヤフーでサポートしているのを発見しました     ありがたく、使わせて頂きます     又、米ヤフーで株価読込制限が発生した時等にお使い下さい     いずれにしても、複数の読込先があれば安心です (+)米国株の[チャート財務データ]で一部をサポートしました  [時価総額][発行株数][利回り][1株配当][PER]等 (*)株価読込・分足インポート先[K−DB]さんが仕様変更になりました  最新仕様に対応しました。  ・「新仕様の株価読込」に対応しました。   サイトの[前日][翌日]をクリックして、画面の日付を合わせて下さい   通常はサイトで[翌日(初期値)]を選び、画面へ前日日付(初期値)を入力し、   前日の株価を読込めます   ※[C:***\stocks_2016-04-21.csv]等のファイル名です  ・「新仕様の分足インポート」に対応しました。   分足の一番詳細なCSVファイルが、1分足が5分足になったようです   従来の1分足と同様の新5分足のインポートを可能にしました   [分足インポート]画面で5分足を取り込む場合、   [◎既存の株価データへ上書き (旧データの重複削除)]オプションを利用して下さい   株羅針盤自身は1分足のデータを蓄積しますが、   同じ期間の5分足と混在すると、出来高などが重複します   この弊害を、インポート期間以降のデータを削除して防止します   旧バージョンは、K―DBさんからの先物5分足インポートで、末尾2行が取り込めません   仕様変更で5分足CSVデータ(02:55 etc)に無効行が出来、失敗するようになりました   ※[C:***\futures_F101-0000_5m.csv]等のファイル名です    日付が変わっても同じファイル名に固定なので、別々に保存するにはリネーム保存がお勧めです    [futures_F101-0000_5m.csv]⇒[futures_F101-0000_5m20160422.csv]等と日付を付加する (*)内部ブラウザにIE互換モードを追加し、初期値を[Internet Explorer 10 互換]にしました  旧バージョンでアクセスすると、株価読込サイトのメニュー等が異常表示する事がありました  最新のIE互換モードでレンダリングすれば、 正常に表示できました。  [オプション]→[銘柄ブラウザのURL]タブ頁  内部ブラウザの動作[Internet Explorer 10]IE互換モードを選択出来ます  外部ブラウザを使わなくとも、内部ブラウザで「http://k-db.com/」を正常に表示出来ます  注意:IE10モードでのみ検証しています (*)日本ヤフーの仕様変更に対応しました  旧バージョンで日経平均・TOPIX等、指標のリアル更新・ヤフー分足読込が  出来なくなりました (*)楽天RSS分足読込で、高値・安値の抜けが少なくなるように改良しました  特にHFTが起動すると、短時間に激しく上下するので抜けが多いようです  RSSは全データを送ってこないので、多少の抜けは発生しますが最小限に抑えました (+)楽天の「マケスピとRSS」を「自動起動・自動終了」するオプションを追加しました  [オプション]→[オプション設定]→[楽天RSS分足]タブ頁で設定します  [マーケットスピードとRSSを5分前に「自動起動」し、5分後に「自動終了」する]  開場中に株羅針盤を途中起動しても、RSSを自動起動します  注意:一般株と先物限定です、為替は自動終了する必要がないので使わないでください  作者:楽天RSSは非常に重宝していますが、開場30以内に起動、又は再起動する     必要があり、少し面倒に感じていました。     例えば先物取引の場合、8:45少し前に起動し、15:15過ぎに終了します。     16:30少し前に再起動が必要です     そこはめんどくさがり屋の西君です、自動起動で楽チンになりました (^o^) (+)楽天RSS分足の登録銘柄数を[10]→[15]に増加しました  [5040468:トピックス先物]の楽天用コードを[TOPX.FUT01.T]→[TOPX.FUT01.OS]に更新  いつの間にか仕様が変わっていたようです  ※15銘柄に増やしましたが、すべてのPCで安定動作するとは限りません   その場合、PC能力に応じて登録銘柄数を調整して下さい   画面下部の[RSS接続]⇔[RSS読込]で、黄色の[RSS読込]点灯が使用中です (*)株価読込で「分割・併合」後に、自動的に全期間読込を実行する  同様の機能はありしたが、より確実に動作するよう大幅改良しました (*)[導入時・株価読込市場変更時の株価インストール]機能を改良しました  【導入時】  [日経225]と[JPX400]市場が初期設定値です  [株価一括読込]ボタンをクリックしてください  株価インストールと株価読込を連続実行し  最新の日足・週足・月足を準備します  【「株価読込市場」へ市場を追加する時】  「株価読込市場」の市場をここで設定できます  市場をチェックして追加して下さい  チェック済の日足を一括して読込みます  上級者へヒント:  追加する市場のみをチェックすれば  処理時間が短縮できます。 処理後  通常の画面で必要な全市場をチェックして下さい  [引き続き、株価読込の実行]ボタンの説明   株価インストール成功後、連続して[株価読込市場の株価読込]を自動実行します   つまり、最新の日足に更新し、週足・月足を作成します  従来は国内銘柄のみで、主要銘柄以外は1年分の株価データでした。  新機能は「株価読込市場」で指定した全市場区分に対応し、  10年分の株価データを取り込めます  ※現時点では1年分の銘柄がありますが、徐々に準備しています  作者:新市場を使う場合、従来はユーザさんが全期間の株価を読込む必要があり     運が悪いと一晩以上の時間が掛かっていました     10年分の基本データをここで読込めば、株価読込の時間が大幅に短縮できます (*)銘柄マスタを大幅に変更しました。  『市場区分を変更』  [福証][福岡Q][札証][札幌ア]→[国内:その他市場株]に統合  [中国指標]→[外国指標]に統合  [中国株式]→[香港][上海A・他本土][ハンセン]に細分化  『<米国>を市場区分に追加』  [NYSE][NASDAQ][NY Dow 30][NASDAQ 100][S&P 500][米国ETF][米国ADR]  中国株と米国株は、楽天証券の代表的な銘柄をマスタ追加済です  移行:事前に中国株と米国株等を登録しておれば、自動的に新市場区分へ再配置します     登録済の中国株は、自動的に[香港][上海A・他本土]に振り分けます     ただ、米国株は[NYSE/NASDAQ]の区別が自動的に処理できないので     判別不能の場合は[NYSE]に強制します     お手数ですが、各自で修正して下さい  制限:現在、[上海A・他本土]市場の[6000番台.SS]の株価読込が出来ません     香港ヤフーが対応するまでお待ちください     もしかしたら西君(楽天証券データ)が、何か大きな勘違いをしているかも?  作者:昨今、リスク分散で米国株に興味を持たれている方が増えているようです     又、大手証券も取り扱い銘柄を増やし営業に励んでいるようです     ご要望に答え、中国株と米国株を国内株と同様に扱えるよう改良しました     見かけ以上の大幅な変更です、色々と不備が出るかも知れません     市場の変更ミス等を発見したら、サポート掲示板で教えて下さい (^_^;;; (*)分足の過去データは[分足過去データを表示する]オプションで使っていましたが  過去株価を含めて、連続して使用できるよう改良しました  ☆分足を使うイメージは、最初5週間分を読込んで使います。   チャートの一番初めより左側へキー・マウスで移動すると自動的に1週間前を読込みます。   チャートの一番後ろより右側へキー・マウスで移動すると自動的に1週間後を読込みます。   少し待ち時間が出る可能性がありますが、そんなに違和感なく使えると思います。  ※[分足過去DBを分足データへ戻す]作業が必要です   インストール直後の画面か、   メニューから[マスタ]→[分足過去DBを分足データへ戻す]作業を一度実行して下さい  ※大まかに、1分足は1週間、5分足では6週間程度を始めに表示します   その後、過去データのある限り自由に移動できます  制限:チャート表示期間の左端付近では[親足]が指定本数より少なくなります  作者:分足は膨大なデータになります     その為、旧バージョン迄は幾つかに分割し、必要時に過去データとして利用していました     新バージョンでは、膨大な分足データを1つにまとめ、必要があれば自動的に     過去データを参照できるように改良しました     バーチャル・データベースの考えと、改良したメモリーシステムで実現できました     これで、日足等と同じように、意識しないで分足が使えます (^o^) (*)分足のファイル読込等の管理ルーチンを大幅改良しました  使うときは最小限の読込で、必要があれば都度必要量を追加します。  ユーザさんは何の意識もなく、自然に高速化を享受出来ます。  高速化と言えるのか?作者の自己満足で少し語弊がありそうです。  株価データが溜まるとデータ量に比例してどんどん動作が遅くなります。  その遅くなる原因を排除し、一定限度以下に遅くならないようにしました。  言い換えると、動作が速くはなりませんが、一定限度以下にはなりません。  チャートのバー、画面スライド操作などを纏めておきます  *** キーボード ***から  [←]....左端までバー移動する  [→]....右端までバー移動する  [↑]....チャートを右へ、過去移動する  [↓]....チャートを左へ、未来移動する  [PgUp]..左端へバー移動し、1頁過去移動する  [PgDn]..右端へバー移動し、1頁未来移動する  [Home]..最始位置へ移動する  [End]...最終位置へ移動する  +[Shift]約画面の1/5程、高速移動  +[Ctrl] 約画面の1/2程、高速移動  *** 下部スクロール・バー ***から  [<|…………□………|>]  [<:LineUp].....チャートを右へ、過去移動する  […:PageUp]....1頁過去移動する  [□:Position].. スライド量に応じて左右に移動する  […:PageDown]..1頁未来移動する  [>:LineDown]...チャートを左へ、未来移動する  *** マウス・スクロール・ボタン ***から  [↑]....チャートを右へ、過去移動する  [↓]....チャートを左へ、未来移動する  作者:株価のデータ量が増えると徐々に動作が遅くなります。     特に、5分足等で親足を20本ほど表示するとかなり重くなります。     前作「Ver9.20... 2016.04.22 β版」で分足管理を改良しました。     その後、研究を重ね、分足をバーチャル・データベース管理にしました。     ユーザさんは恐らく何も違和感を感じないで使って頂けると思います。     結構苦労しましたが、少しでも効果が出れば嬉しいのですが.....(^^ゞ (/)[インポート 分足・日足]の分足インポート  [◎既存の株価データへ上書き (旧データの重複削除)]オプション動作を変更しました  従来はインポートファイル以降を削除していましたが、  新仕様ではインポートファイルの期間内を削除します  これにより、複数ファイルを同時読込しても支障がありません (/)[オプション]→[銘柄ブラウザのURL]タブ頁  [ダウンロード] ダウンロードサイト:K−DBのトップ頁を表示します  [銘柄別ダウンロード]銘柄別のダウンロード頁を表示します...新設          銘柄毎のダウンロードが楽になります (*)株羅針盤の起動に「管理者権限」を必須にしました  Win7以前で使うには、ユーザさんが個別に指定する必要があるのを強制にしました (*)銘柄マスタの変更時に自動的に表示する[銘柄マスタ・コンバート]を廃止し、  [銘柄マスタを最新の情報へ更新]へ統合しました  『銘柄名の更新』   [全銘柄]  全銘柄の名称を最新にする   [中国株以外]新マスタは楽天証券仕様でカナ主体です、従来の漢字の方が良い場合に指定   [しない]  『取引記録に使っていない不要ごみ箱の削除』   銘柄マスタ等で[ごみ箱]指定していた銘柄で無効(市場廃止etc)な銘柄を削除します   取引記録で使っていないかをチェックして削除します   もし間違って有効銘柄を削除した場合、この画面で自動的に復活出来ます   市場で取引がある有効な銘柄も[ごみ箱]指定して、強制的に削除できますが   次回のこの画面の使用で、自動的に復活します   有効な銘柄が不要な場合[ごみ箱]指定でお使い下さい (*)銘柄コードを大文字限定にしました  外国株をユーザさんが登録する場合、小文字や大小文字混在がありました  チャート上へ「マイ・トレード」が表示できない等の不具合が発生します  このバージョンを起動時に自動的に大文字変換します  それ以降は[銘柄マスタを最新の情報へ更新]画面で  [全コードを大文字]をチェックして実行して下さい  ただ、コード呼出入力等は大文字・小文字のいずれでもOKです  作者:例えば[ASH][ash][Ash]等と同じ銘柄に大文字小文字様々な表記が出来ます     マイトレード表示のみの問題なら混在を許すのは簡単です     しかし、損益計算などで銘柄集計をするのにかなり困難が伴います     コードの大文字限定は少し横着な解決ですが、安定動作の為お許しください (/)[オプション]→[オプション設定]→[楽天RSS分足]タグ頁の[コード]を大文字限定にしました (*)グループ管理数を[1〜9,A〜G,分:17個]から[1〜9,A〜Z,分:37個]に増加しました  従来通り[グループ管理とグループ銘柄へインポート]画面→[グループ名]へ入力しておけば  それぞれのグループ表示でヒントとして表示します  作者:良く使うグループは従来の[1〜9,A〜G,分:17個]で使うと一覧性が良い     追加グループは長期監視などに利用すると便利そうです (*)チャート・サムネイルの[分足/日足/週足/月足]別に画面色を設定できます  メニューの項目別や、主な動作別に[画面色]を選択できます  [オプション]→[オプション設定]→[画面色・ntp 時刻合わせ]タブ頁で設定して下さい  [ファイル・メニュー画面]   ⇒[青 系]  [インポート・エクスポート画面]⇒[青緑系]  [編集・メニュー画面]     ⇒[黄 系]  [株価読込画面]        ⇒[青緑系]  [スクリーニング画面]     ⇒[青緑系]  [ブラウザ画面]        ⇒[緑 系]  [取引記録画面]        ⇒[緑 系]  [損益計算画面]        ⇒[緑 系]  [マスタ・メニュー画面]    ⇒[黄 系]  [オプション・メニュー画面]  ⇒[黄 系]  [ライセンス・メニュー画面]  ⇒[青 系]  [ヘルプ・メニュー画面]    ⇒[青 系]  お好みの色調に設定して下さい (*)[チャートオプション設定]→[余白・多数決・・・]タブ頁の  [ローソク足の上下余白]を全面改良しました  [ローソク足優先]←ローソクの縦幅を大きくします/上下の余白を増やします→[指標優先]  初期値:0 ローソク足優先です、後はお好みで調整して下さい  上部指標の縦幅が大きすぎてローソク足の縦幅表示が小さくなり過ぎるのを防止しました  例外として、ローソク足を指標で自動的に補填にするオプション  [平均足]→[ローソク下へ表示]下部の平均足マージンを自動で設定します  [パターン予想] 上部のパターン用マージンを自動で設定します  [酒田新値]   上下のカウント文字用マージンを自動で設定します  [親チャート足]→[全表示足]親チャート足全体を表示したい足数を後ろから指定...初期値:2  [比較チャート]→[目盛を自動調整]   初期値:OFF...必要に応じ使って下さい  [旧株価シフト表示]→[目盛を自動調整] 初期値:OFF...必要に応じ使って下さい  ※関連個所が多いので、見当違いのバグが出るかも知れません?ご指摘よろしく! (+)スクリーニングの売買マークを、最終日固定から任意期間に改良しました  スクリーニング実行画面へ[○ 本 (最終足を含む)][○ 日 (最終日を含む)]、、等の  入力があります  例:[ 1 日 (最終日を含む)]...従来と同様で最終日の売買マークをスクリーニングします  例:[ 5 日 (最終日を含む)]...最終日を含め、過去5日の売買マークをスクリーニング  この機能追加に伴い[トレンド・ダイバージェンス][2番天底ダイバージェンス][指標四季ゾーン]の  同様の機能は廃止し、ここへ統合します  作者:スクリーニングを飛ばしたり、まれに実行する時、最終日のみでは     狙った銘柄を逃す可能性があります。     数日間の売買マークを調べる事で、この漏れを防止します (+)スクリーニング(銘柄ツリー)項目へ[株価パターン]を追加しました  [英字3文字:説明]の形式で、期間中の株価推移を27パターンに分類して表示します  [英字3文字]L:Low安値、M:Middle中値、H:High高値 チャート左側からの変化を表示      例:LMH⇒安値から始まり、中値になり、高値で終わった  [説明]高値↑:高値上昇.     中値↑:中値上昇.     高値→:高値揉合.     中値→:中値揉合.     安値→:安値揉合.     中値↓:中値下落.     安値↓:安値下落. (+)[パターン・酒田系]→[株価パターン]指標を追加しました  スクリーニングが主な目的でチャート上の意味はありません  チャート表示期間内のパターンを図形で参考にして下さい (+)銘柄リストへ[前日比 増減額]項目を追加しました (+)[銘柄ツリーをファイル出力]で、[業種]表示を選択している場合「業種名」を行挿入します  例:< 水産・農林業 >の形式で銘柄間へ挿入します  ☆[銘柄ツリーをファイル出力]で、末尾の不要な[,]を削除します  例:[1925,大和ハウス工業,"上昇 1 空",,,,,,,,,,,]⇒[1925,大和ハウス工業,"上昇 1 空"]  ☆[銘柄ツリーをファイル出力]で、特にソート時の不要な銘柄を出力しないように改良しました  ☆銘柄ツリーをソート時、銘柄カウンタを更新して銘柄数を表示します...従来は全銘柄数 (+)[グループ管理とグループ銘柄へインポート]へ[◎クリップボードから取込]オプション追加  サイトやファイル・その一部をクリップボードへコピーして  [ペースト取込み]ボタンをクリックして下さい...○行取込みの表示が出ます  取込み後、クリア対象を選択しマーク付け対象に[◎クリップボードから取込]を選んで  [実行]して下さい  ☆コピー元の形式:1銘柄1行で、先頭項目に「コード」、2項目以降は無視します (+)描画で、種類別の削除を可能にしました。  直線を[A〜Jグループ]の10分類にしました、それぞれグループ単位で削除できます。  描画前に、グループを選択して直線を描画して下さい。  描画後、直線を選択してグループを自由に変更出来ます。  作者:直線は良く使います。     短期間のトレンド・ラインで、     10日は[Aグループ]、11日は[Bグループ]等としておけば     10日のトレンドラインが不要になれば[直線 Aグループの削除]で一括削除できます。     ご自分の使い方に合わせて有効に活用して下さい。 (+)描画設定画面へ[パレット機能]を追加しました  [パレット]現在の線色・太さ等を保存します(現在、100行以内)       クリックで選択する事により保存した線色・太さ等を次の描画用に設定します  [>] パレットへ現在の線色・太さ等を保存する  [<] 選択行へ、パレットの線色・太さ等を使う  [―] パレットの選択項目を削除する  保留:パレット使用時に直線のグループ番号も同時にコピーする事も可能ですが     必ず便利とも言えないので保留にしています     実使用されてのご意見をお待ちします (+)描画関連を改良しました 指標設定画面[分割]→[チャネル・フィボ]タブ名を変更しました 以下の機能を、描画設定画面と指標設定画面へ追加しました [チャネル]一般的なチャネルを描画します、色種はフィボナッチ・チャネルと兼用です       親チャート足の補助線で平行を表示します [フィボナッチ・チャネル]フィボナッチ目盛のチャネルです              指標設定画面から自動で描画できます [フィボナッチ・ファン]フィボナッチ目盛のファンです、ギャン・ファン類似です             指標設定画面から自動で描画できます  又、指標設定画面[描画へ]ボタンで、表示中の指標を描画データにコピーします  参考用の□枠色は[その他]→[その他の線・面設定]で変更して下さい  ◎描画設定画面の[チャネル][フィボナッチ]頁へ[高値][始][終][安値]ボタンを付けました   描画の開始価格や終了価格をローソク足へ合わせるのに利用して下さい  ◎描画設定画面のリストへ[表示チェック]を追加しました   複数の描画をしており、干渉して邪魔になる場合等に、一時的に非表示に出来ます  作者:線形回帰、ATRバンド等を好んで使っています    一般的な直線チャネルは意外と引きにくく、使っていませんでしたが欲しいと感じていました    フィボナッチ・チャネルの実装と同時に一般的なチャネルを    簡単に描画できるように工夫しました (+)フィボナッチへ下線3本等を追加しフル実装しました  [F161][161.8 %]  [F138][138.2 %]  [F127][127.2 %]  [High][100.0 %]←サムネイル  [F88] [ 88.6 %]  [3/4] [ 75.0 %]  [F61] [ 61.8 %]←サムネイル  [2/4] [ 50.0 %]←サムネイル  [F38] [ 38.2 %]←サムネイル  [1/4] [ 25.0 %]  [F11] [ 11.3 %]  [Low] [ 0.0 %]←サムネイル  [F-27][-27.2 %]  [F-38][-38.2 %]  [F-61][-61.8 %]  不要な線はタイトルを空白にすると消せます。  お好みで、必要な線のみ表示して下さい。  [High][Low]等のタイトルは、描画設定画面からの任意描画と兼用です  任意描画は単色ですが「白色[●]」を選択すれば、上記同様の多色になります  ☆描画設定画面から描画☆   [描画設定画面]→[分割]→[フィボナッチ]   任意位置に描画できます。単色基本ですが、[●]で多色も可能。  ☆指標設定画面の指標☆   [指標設定画面]→[その他]→[フィボナッチ分割]   自動で高安位置を判定して描画します。多色でタイトル・色を変更する画面です  ☆親チャート足の補助線☆   [指標設定画面]→[非時系列]→[親チャート足]→[補助線:フィボナッチ]   親足を基準に描画します。基準の親足の位置は自由に選べます。多色を流用します (+)フィボナッチ・分割線の描画範囲を開始期日以降に制限するオプションを付けました  [左端迄延長]チェック有:従来通り、チャートの左端から描画します        チェック無:開始期日以降を描画します...初期値にしました (+)フィボナッチを引く時、「高値→安値」へD&Dすると下落と判断し  下落用(上下反転)の線と目盛を描画します  この場合[Low]が上になり、出発点の[0%]を示し、[High]が下になり[100%]を示します  これに伴い、目盛[Low⇒F 0][High⇒F100]に変更しました  「安値→高値」のD&Dは従来と同様です (/)フィボナッチ・オプション変更幅[-300〜+300]を[-500〜+500]に修正しました  あまり使わない線を[F423][423.6]%等と自由に変更してお使い下さい (+)[親チャート足⇒直下ピボット足]指標を追加しました  親チャート足の「ピボット値」又は「前足終値基準」をローソク足で表示します  作者:特に分足表示で親足へ日足を表示した場合、     一週間程度のピボットの上下範囲を一覧できます     変動上下範囲を把握するのに有効です (+)[ピボットの下部指標]と[親チャート足の直下ピボット足]へ  [当足始値基準]オプションを追加しました  作者:特にデイトレでオープン仕掛け狙いに役立ちそうと期待しています (^o^) (+)[ピボットの下部指標]と[親チャート足の直下ピボット足]で  [前後場、日中夜間を分離]オプション選択時、前場・夜間のローソク足を赤青表示します  作者:前場・夜間のローソク足から後場・日中のローソク足を推定するのに     同じローソク足の色では直感的に判別し難いので色分けしました (+)親チャート足の[補助線種類]へ[始高安終 4値]オプションを追加しました  ウップスを含め前足の4値は、皆さんに意識される価格になるようなので追加しました  注意:従来の[3分割]〜[ピボット]を選択していると1つ選択が前へずれます (+)[ピボット基準足][前足終値基準足][当足始値基準足]指標を追加しました  これは全く新しい指標ではなく[ピボット下部指標]のオプションで選択出来ました  切り替えて使うと同時に参照できないので、それぞれを独立させました  OpenGapを判定したり、当日の強さや現在位置を判定するのに便利です (+)親チャート足へ[最終足の始値]補助線の描画オプションを付けました  特に分足でウップスを活用するのに便利そうです (+)比較チャートへ「比較チャート―[2]〜[5]」とそれぞれの乖離率を追加しました  又、香港市場・上海市場なども時差を考慮して分足へ比較銘柄として表示出来ます  つまり、上海市場のAM10:00の株価を、暫定的にAM11:00として表示します  時差は[オプション]→[オプション設定]→[起動・株価読込]タブ頁の[香港・上海時差]  作者:従来は、同時に比較できるのが1銘柄で不自由を感じていました     このところ[000001.SS:上海総合]に強い影響を受けています     デイトレでこれを分足チャートへ同時に表示したくて機能追加しました (+)Force Index指標へ[ForceCD]バーと[対数補正]オプションを追加しました  [短期期間バー]..短期折れ線をバー表示します  [長期期間バー]..長期折れ線をバー表示します  [ForceCDバー].短期―長期をバー表示します          これは FoeceIndex の Convergence/Divergence を表しています  [値表示]..金額で表示します  [相対%]..チャート表示中の最大数を100%として換算表示します  [対数補正]数%〜数十%を見やすくする目的で、       小さな数値は大きめに、大きな数値は小さめに対数補正します  分足:初期値は[対数補正]、日足〜月足:初期値は[相対%]従来互換  作者:バーはMACDと同様に Convergence/Divergence が有効なのか検証する目的です     結論は出ていませんが、なんとなく研究する価値もありそうです     短期・長期のスパイクの強さを判りやすくバー表示する事も可能です     又、従来の目盛では強いスパイクが発生すると前後の小さな数値が判別不能でした     対数補正で、多くの小さな数値期間を見やすくしました (+)サムネイルの下部指標へ最終指標値を表示します  従来は、下部指標の右には中央値(0 %, 50 %, 0 σ)等の目盛を表示していました。  一撃さんのご要望は出来高を表示して欲しいとの事でしたが、  実装してみると便利なので全部の下部指標へ機能を追加しました。  仕様:指標値は1〜3値を、縦幅が許す限り表示します     指標設定順に表示します  制限:表示幅が少ないので左の指標部へはみ出すことがあります     はみ出しを防止するのは簡単ですが、チャート表示幅が少なるなるのでこの仕様です (+)分足で、現在値(終値)が描画の上抜き・下抜き線を越えれば音を出す  設定は、描画設定画面の[上抜監視/下抜監視]タブ頁  又は、メニューから[オプション]→[オプション設定]→[システム・入力モード]タブ頁 (+)トレンド分析の線表示を[上昇][下降]の2種類に分割しました  [トレンドライン下降:] で売り期間の線色を設定して下さい (+)[RSIOMA]をスクリーニング結果、銘柄リスト項目に追加しました (+)[RSIOMA上部]指標を追加しました (+)サムネイルのボリンジャ―へ[+3σ][-3σ]線を描画します  制限:追加線のローソク足範囲は制御していないので下部指標へ少し重なります (+)サムネイルの[線形回帰トレンド−1、−2]へ[+3σ][−3σ]線を追加しました (+)[オプション]→[楽天RSS分足]へ[東証マザーズ指数先物]を追加しました  但し、未検証です  使うには  1.銘柄マスタで[適当なコード:東証マザーズ指数先物]銘柄を追加してください  2.楽天RSS分足の[東証マザーズ指数先物]をチェックして下さい  ※.ヤフーでまだ日足などの株価をサポートしていないようです    ヤフーで株価をサポートし、西君が検証後お使いになるのが安全かも知れません    もしヤフーで日足を表示できるコード等をご存知でしたら教えて下さい m(__)m (+)P&Fへ転換の補助線を追加しました (+)指標値の目盛を、右余白がある場合は右側にも表示します  右側へ株価表示があれば、その下へ続けて指標値目盛を表示します (+)出来高移動平均へ乖離率のみでなく[移動平均値(出来高株数)]も表示します (+)[移動平均−1〜3][エンベロープ]へ[エンベ右目盛]オプションを追加しました  従来、親足の[補助線種類]で選べたのですが、判り難いので  それぞれの移動平均設定画面へ移しました (+)酒田新値へ[補助カウント]オプションを付けました  連続用の補助カウント文字(アンダーライン文字)の表示を制御します  従来は常時表示していましたが、あまりにゴチャゴチャし過ぎるので分離しました (+)指標設定画面の[トレンド系]→[ケルトナーチャネル]画面へ  [フルタイム設定]ボタンを追加しました  フルタイムトレーダ18章の「オープン前のチェックリスト」を設定します (+)口座マスタへ[評価為替]欄を追加しました (+)[RSIOMA上部]指標を追加しました (/)分誌・日誌・週誌・月誌がありましたが「日誌」のみ使用を推薦します  分誌・週誌・月誌は、過去株価の一覧等でご利用下さい  注意:週誌・月誌は株価更新時に記入内容を喪失することがあります (/)グループ番号選択で、マウスを乗せると選択文字を拡大して表示する機能を改良しました  画面幅が狭い時は、従来通り上下2段になります  画面幅が広い時は、ボタンの幅を拡大して表示します...ほとんど大画面でお使いでしょう (/)オプション設定の[引き続き[財務データ更新][米ヤフー株をリアル更新]オプションを廃止し  Web株価読込後[引き続き[リアル更新]と[財務データ更新]する]オプションに統合しました  最新のヤフー状況に合わせ、リアル更新時に財務データを取得するように改良した結果です (/)[パラボリック 乖離]表示を四季表示有に変更しました (/)従来の「毎回同じ太さと色で簡単に線を引け、ワンクリックで消せる」という  他のソフトにありそうで無かった便利な機能を復活させました  [オプション]→[オプション設定]→[システム・入力モード]タブ頁で  [チャートD&Dは、常に描画モード]を指定して下さい  現在の追加機能もサポートし、上手に使えば描画設定画面なしに  かなりの作業をこなせます  良い機会なので、差異をまとめておきます  【チャートD&D】   常に描画モード:例えば前回直線を引いた場合、チャートをD&Dすると直線を引けます           又、該当する描画をD&Dで移動できます      [消しゴム]ボタンを左クリックで直前の描画を削除します           右クリックでメニューを出し、描画種類等を選べます   画面の左右移動:D&Dしても描画出来ません。描画するには[描画設定画面]を開いてください   なお、[描画設定画面]を開けば、どちらも同じ描画操作になります  [手]カーソルで移動可能を示し、D&D中は[手掴む]カーソルになります  チャネルは高値線・安値線に、ファン(扇)は基準の□をD&D移動します  制限:チャネル/フィボナッチ/フィボ・チャネル/フィボ・ファン/ギャンファン等の多色は線幅が1固定です (/)指標設定画面の高さを[財務データ]表示の有無に関わらず最大にしました (/)多くの指標値表現を[99.000 %]少数以下3桁に統一しました  各種の傾き表示を[99.000 ‰]少数以下3桁に統一しました...単位はパーミルです  ※もし桁数が多すぎて不便・不都合が生じたらご指摘下さい  ☆上手に半角の[‰]を作って、桁位置を合わせました (^o^) (/)[親チャート足⇒価格帯別出来高]の名称を[プロファイル]に変更しました (/)移動平均―1〜3等の乖離率下部、[〃乖離]表示を重ならずはみ出ないように改良 (/)描画設定の[メモ]、文字が小さすぎるので、全体で大きな文字を扱えるように変更しました (/)分足へ、取引区切りの目盛縦線を入れます  特に、30分足以上の場合、前場・後場、日中・夜間の時刻も表示するようにしました (/)3Dローソク足、特に赤・青足の表示を綺麗にしました (^o^) (/)外国為替の株価で、土曜・日曜は更新しないように変更しました  種々の考えがありますが、とりあえず日本ヤフーの情報へ合わせました  もしFX等を実行していて不都合が乗じたら連絡下さい > ALL (/)移動平均123の[移動平均 下部]⇒[乖離率 比較]に名称変更し、選択表示にしました  比較表示で、指標右側の値表示を  [乖離額][乖離率][傾き]オプション選択出来ます  乖離率2〜5の下部値を表示 (/)チャートの[全足]表示で、[月足+日足]を表示できるように改良しました  [オプション]→[オプション設定]→[起動・株価読込]タブ頁  月足の高さ「50%(初期値)⇒100%」にして[全足(日・週・月)]で表示する (/)[比較チャート〜5]の表示スピードを向上させました  特に分足表示時に、少し遅い原因になっているようなので改良しました (/)楽天RSS分足の処理スピードを向上させました  少し分足使用時の全体スピードが遅いようなので改良しました (/)比較チャート、特に分足の表示スピードを改善しました (/)自動ローソク幅調整の改良...特に横軸対数目盛で、より自然で美しく!? (/)取引記録の銘柄コード入力が4桁固定→先物用に7桁に変更しました (/)[パターン予想]特に分足で上下間隔が開き過ぎるのを防止しました (/)価格帯別出来高のバー幅をより良く自動調整するように改良しました  横軸対数使用時、パターン予想等でバーが上下にかぶって見難くなるのを防止しました (/)[トレンド分析→高安値水平ライン]指定時、右余白があれば株価表示する (/)サムネイルの出来高表示を「千株」⇒「(株)/(千株)」単位表示を付けました  ついで?にチャートの出来高名称を少し改良しました (/)十字カーソルメニューを改良し、分かり易くしました (/)[親チャート足]→[直下ピボット足]の目盛表示を見やすく改良しました。 (/)サムネイル指標の[フィボナッチ分割]⇔[ギャン・アングル]をチャートに合わせて  表示順を入れ替えました (/)描画の分割リストで[チャネル]を[----------]と表示していたのを完全に廃止しました (/)「右目盛上へ[現在値]表示」反転して強調表示に変更しました (-)移動平均―2の乖離率下部の[〃乖離]表示異常→修正 (-)チャートの[P&F][カギ足]等の左端が切れる事がある→修正 (-)銘柄リストの[P&F (パターン)]⇔[P&F (陰陽)]表示内容がすれ違っている→修正 (-)銘柄リストの[1本足型分析]⇔[上髭長・下髭長]表示内容がすれ違っている→修正 (-)分割線を描画しているとチャート下部目盛が0、又はマイナスになる→修正 (-)描画設定画面の[高・安値位置]が[―]方向へ利かない→修正 (-)新規銘柄などで、株価が一週間未満の時、株価読込をしない→修正 (-)旧描画データを引き継げない事がある→修正 (-)銘柄マスタの[3930:はてな]、銘柄名と業種が空白→修正 (-)描画設定画面で[メモ]入力すると、一文字単位で逆順になる→修正 (-)スクリーニング項目[買残 前比][売残 前比][信用倍率 前比]が、スクリーニングで消える→修正 (-)比較チャートで、同じ[基準位置]を指定すると比較バーが消える→修正 (-)親足[直下ピボット足]指標が十字カーソルの位置等で目盛を非表示→修正 (-)クライアント使用で、まれに「日付でない数値・・・」等のアクセス違反がでる→修正 (-)[マイ・シミュレーション]の右クリックメニューが不正動作する→修正 (-)チャート比較銘柄で初期値「998407:日経平均」が空白→修正 (-)分足の指標モード変更で分足期間が異なるとエラーになることがある→修正 (-)指標設定状況により、スクロール不可で過去日付が表示できない→修正  [一目均衡表A][一目均衡表B][パターン予想][旧株価シフト表示]を使用時に異常発生 (-)過去株価表示中に[期間/本数]を変更してもローソク足数が変わらない→修正 (-)比較銘柄チャートが、分足で稀に誤表示する→修正 (-)ヤフー分足が読めないことがある→修正  (F:分足停止ボタン)をクリックして(×)にすると再度クリックしても戻らない  ボタンが(×)状態なので停止状態が続きます (-)マイ・トレード[上部へマーク表示]ゴミ表示する事がある→修正 (-)分足・日足で一目表示/非表示の切り替えで右余白が連動しないことがある→修正 (-)週足月足で[マイ・トレード→チャート上へ表示]のチェックをON/OFFすると  上部の▲▼マークが一時的に消える→修正 (-)[コポック]の計算が間違っていた→修正 (-)株価データが少なくローソク本数が少ない時、指標変更等で空白等が異常表示→修正 (-)「チャート」の期間固定が出来ない→修正 (-)スクリーニングD頁の初期値を訂正しました...[MM法]→[エルダー3段階] (-)HLバンドの売買マークが、不要な所へ表示される→修正 (-)チャート上部の財務データ:市場[東証1部・???]で大中小型株が表示されない→修正 (-)米国株「A:アジレント・テクノロジー」株価が読めない→修正  米国株のコードを最小2桁にしていました、1桁に修正しました (-)サムネイルの[STC]指標の[STC2:]パラメータが、勝手に[3値TP]になる→修正 (-)描画で縦直線が引けない→修正 (-)[スクリーニング指標設定...最適指標と多数決指標の候補選び]で下部が隠れる→修正 (-)チャート・オプションの[カギ足]幅⇔[P&F]幅、入力が交錯していた→修正 (-)P&F:マークの大きさが適切でないことがある→修正 (-)下部メモを記入するとDBエラーになる→修正 (-)描画設定[チャンネル・フィボ]タブ頁で[3分割/フィボ]の[追加]ボタンが無効→修正 (-)分足の期間入力で、本数入力が困難な場合がある→修正  リストの期間選択(○本)と干渉して選択しずらい事がありました (-)口座マスタの更新が即反映しない→修正 (-)日付自由入力中に、指標設定画面をON・OFFするとエラー→修正 (-)銘柄リスト項目の[RSIOMA[が[PRIOMA]と誤植→修正 (-)比較チャートが少し狂う場合がある→修正 (-)右目盛上へ[比較終値を表示]が利かないことがある→修正 (-)移動平均[遅行・先行]入力枠が不足する→修正しました (-)トレンド分析の[上昇線][下降線]の色違いを修正しました (-)指標設定画面へ[傾き(年率)]使っていない表記が残っていました→[傾き]に修正しました (-)月足・週足・日足連動で日足が連動しないことがある→修正 (-)スプラッシュ(起動)画面で、■を表示する→減少 (-)株価最終日のマイ・トレードを表示しない→修正 -------------------------------------------------------------------------------- Ver9.60... 2017.02.08 正規版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)チャートの描画方法を改良しました  一部のPCで表示異常が出ていましたが、改善されると嬉しいのですが・・・  障害の総てを開発環境で再現できません、その為、効果は確約できないのが辛いです  チャート表示速度の多少改善したので、銘柄移動などが早くなりそうです (+)[新バージョンの確認]機能を追加しました。  [オプション]→[オプション設定]→[システム・入力モード]タブ頁で設定して下さい  [オプション]→[オプション設定]→[システム・入力モード]タブ頁で設定して下さい  [新バージョンの確認]で新バージョンを確認する方法を選びます   ○確認しない   ◎終了時、バージョンアップを確認する...初期値   設定に関係なく、何時でも[ヘルプ]→[新バージョンの確認]で確認できます。   ※:「◎起動時、バージョンアップを確認する」を廃止しました  もし新バージョンを発見した場合[新バージョンの確認]画面を表示します   ◎新バージョンをインストールする   ○何もしない   選択した動作を実行します  追加:直接インストール・フォルダの[NewVersion.exe]を起動してもOKです     HPには従来通り[AtKabu0000.exe]インストーラ用ファイルを公開します  作者:バージョンアップで不具合を生じるユーザさんが、     西君が想像するより多いようです     この機能で、ほぼ失敗なく安心してバージョンアップが出来ると思います     いちいち作者のサイトや掲示板を確認しなくとも新バージョンの案内があるので安心です     ・・・とは言え、掲示板には参加してください (^o^) (+)非時系列指標を時系列指標に組み換え、ローソク下へ表示します  それぞれのパラメータを表示期間を元に自動設定する従来の方法に加え  銘柄毎の固定値を使えるようにしました  [足組「平均足」ローソク下]...従来互換です  [時系列「新値足」ローソク下]  [時系列「練行足」ローソク下]→銘柄専用1〜3で、[固定1足]が使えます  [時系列「P&F」ローソク下]→銘柄専用1〜3で、[固定1枠]が使えます  [時系列「カギ足」ローソク下]→銘柄専用1〜3で、[固定値幅]が使えます  作者:非時系列指標を時系列指標に組み換え、ローソク足と同時に表示します     それぞれの指標の反転の仕方等が容易に理解できます     銘柄毎に固定パラメータを使う事で、表示期間を長短しても     同じ指標値を表示出来、期間の長短による変動を減じることが出来ます     最も、他の多くのソフトでは自動パラメータでなく固定値の方が多いと思います (+)チャート・オプションへ[ローソク下指標の表示域]を新設しました  初期値:70%です  この数字を大きくするとトーソク下指標の縦目盛が大きくなります  50%程度に小さくするとローソク足との重なりが増えますが、全体の足が縦に大きくなります  ※チャート下指標等をチャートオプションへ追加しました (+)[Doda・ストキャス]指標を追加しました  あまりなじみのない指標ですが[STC(Schaff Trend Cycle)]と[ストキャス]の  中間あたりの性格のようです。 <Doda-Stochastic> Stochas期間の高安値をストキャスとEMA処理し、 [Stochastic]を算出します 次に[Stochastic]を元に同様の計算をし[Doda-Sto]を算出します。  作者:   ご提案頂いて色々と検討しました。   当初、一般ユーザさん向けの有効な情報サイトがないのでボツ予定でテスト実装しました   ところが以外に好成績を上げる指標のようです   これなら情報不足でも有効に使うユーザさんが期待できそうなので公開します (+)「K−DB」さんのサイトから[日中・夜間]混合の日足用データをインポート可能にしました  先物は過去データをヤフーなどから自動取得できないので不便でした。  幸い、K−DBサイトで日中と夜間に分離したデータが公開されているので  インポート時に2行を1行、つまり1日の日足データに加工してインポートします。 (+)サムネイル画面で[銘柄ツリー]と[サムネイル画面]を連動します  [銘柄ツリー]を移動すれば、自動的に[サムネイル画面]を追従し  [サムネイル画面]を移動すれば、自動的に[銘柄ツリー]を追従します。  銘柄ツリーの項目等とサムネイルのローソク足を簡単に相互参照できます。  要望:もし連動すると拙いことがあれば教えて下さい...連動オプションを考えます (+)サムネイルへ[移動平均−A][移動平均−B][移動平均−C]を追加しました (+)終値折れ線の線種・線色を設定可能にしました  [指標設定画面]→[その他]→[その他の線・面の設定]→[終値折れ線(ローソク足)] (+)取引記録画面の[取引明細]を[右クリック]すると、該当の銘柄のチャートを表示します (+)銘柄リストのカラム初期化ボタンをクリック時に、確認する選択を追加しました  [全初期化]ボタンの左へチェックを設けました  [チェックON] [初期化]ボタンを押したとき、確認ダイアログを表示します  [チェックOFF]従来通り、無条件に初期化します (+)銘柄リストの[カラムD&D]を実装しました  [Ctrl]又は[Shift]キーを押しながらD&Dして下さい  例:[現在値]と[前日比]をカラムD&Dするとカラムが入れ替わり    [前日比][現在値]の順になり、ドロップ位置まで自由に移動できます (+)市場区分別の[並び順]をサポートしました  [並び保存] 現在の並び順を保存します  [並び修正] 保存した並び順を、メモ帳を起動し自由に変更します  [保存並び] 保存した並び順にソートします  ※Ver9.50で既に実装済ですが、案内が抜けていました (+)[トレンド幅一覧表]を追加しました  凡例ボタンのリストから選択できます  トレンド分析を元に各種の情報を表示します  [〜至日時]トレンド期間の最終足の日時  [高値]  トレンド内の高値  [本数]    〃   足数、↑:上昇トレンド、↓:下降トレンド  [安値]    〃   安値  [変動]    〃   変動幅  作者:デイトレで、利確幅や損切幅を判断する材料が欲しいと思い     トレンド分析に目を付けました。     上下トレンド幅を知ることで、大まかな目安になりそうです。     特に、直近のトレンド幅を掴んでおくと、不要な欲張りを消すのが楽です (^o^)     スイングや長期投資の方にも、波乗り用に有用と思います (+)[期間足分析][トレンド分析][トレンド幅一覧]の表示位置を自由に変更できます  左上の[←↑]矢印ボタンをクリックしてください  又、上部バーをD&Dで自由位置に移動できます  ※一部PCで、サイズ異常が発生するのを修正しました  ※株羅針盤を最大画面にすると移動不可を修正しました (+)チャート画面、サムネイル画面等を切り替えた時、コード欄へフォーカスを当てる  チャート画面で期間変更をし、他画面へ行き、戻った場合期間入力へフォーカスがあり  勘違い操作をすることがある...防止します (+)チャート下部の[期間表示]を、表示のみから入力可能にしました  又、分足チャートでは分単位迄表示、入力できます  特定の期間を直接入力することが出来ます (+)下記の指標メモリへ「傾き‰」を追加表示します  [GC][DC][ATR 乖離率][ATR][Parabo乖離][ボリン1σ価格幅][STC]  [平均足オシレータ][サイコロ][RSI][VLDMI][スロー・ストキャス][%R]  [Doda・ストキャス][S−ROC][CCI][コポック]へ (/)銘柄リスト[トレンド・ダイバージェンス]〜[四季ゾーン一致]のカラム名が  [ユーザ1]等で見ずらいのを変更しました  例:[トレンド・ダイバージェンス]+[ユーザ1] ⇒ [ダイバー(1)]    [四季ゾーン一致]      +[ユーザ1] ⇒ [四季一致(1)]    [売買マーク (全)]      +[ユーザ1] ⇒ [売買マーク(1)]  末尾の"()"内の数字は、ユーザ設定などの略号です  [ユーザ1] ⇒ (1) 〜 [ユーザ9] ⇒ (9) (/)[比較チャート]→[乖離率]→[最大乖離]の内容を最大乖離幅 に変更しました  従来は「-5%, +8%」や「-8%, 5%」時に[最大乖離:8%]と表示していましたが  今回から[最大乖離:13%]と上下幅を表示します (/)[ グループ管理とグループ銘柄へインポート]画面のマーク付け動作などを高速化しました  多量銘柄で、従来数分掛かっておれば、1〜2秒で処理できます (/)移動平均乖離率の[傾き]を、移動平均の傾きから乖離率の傾きに変更しました  従来は上部の移動平均線の傾きでしたが、乖離線の傾きになります  単位は[‰]から[%]になります (/)[上髭長・下髭長]の[スクリーニング用調査期間]を廃止し  スクリーニングの[売買マークを調べる期間]に統一しました (/)分足:上抜き・下抜きがあればビープ音のルールを少し変更しました  上抜きは高値、下抜きは安値で判定します  従来は終値の判定なので、少し早く通知します (/)楽天RSSの自動起動を5分前・5分後から10分前・10分後に変更しました (/)エラー出力へ可能な限り銘柄コードを含めます  株価データ・エラーなどで破損データの特定を容易にする目的です (/)チャート分足の期間(初期設定)を変更しました  先物は日中+夜間で5分足:236本です、これを基準に長期を変更しました   236本:1日  1180本:5日=約1週  4720本:4週=約1月 (/)全期間株価読込を実行すると[描画データ]も削除する→削除しない  矛盾防止で安全用に削除する仕様にしていましたが、不便なので削除しない仕様に変更 (-)スクリーニングを実行すると、銘柄リストの[株価前比(額)]が0になる→修正  前日比(増減額)等が不要にクリアされていました (-)P&F指標の売買マークが異なる→修正  1柱で1つ余分に表示することがあったようです (-)不正データによる描画エラー時、ダイアログを連続表示する→修正できたつもり  エラー時、ダイアログで「不正データを削除します」を表示し、自己修正します (-)直線描画で垂線・水平線でカウント・騰落率を表示しないことがある→修正  ついでにカウント・騰落率の文字位置を多少変更して見やすくしました (-)日・週変更等で描画設定画面を変更しない→修正 (-)口座マスタの[評価為替]を保存しない→修正 (-)銘柄マスタの銘柄検索で外国銘柄の呼び出しに失敗する事がある→修正  [DB]を検索すると、前方一致で[DBD]を誤って検索する (-)取引明細で[一覧表示範囲]を指定すると[取引修正]で範囲外の銘柄明細が削除される→修正 (-)サムネイルで[ライン(終値線)]を指定時、他の指標を表示すると標準足に戻る→修正 -------------------------------------------------------------------------------- Ver9.80... 2017.04.22 正規版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)米国ヤフーの仕様変更に対応しました  旧バージョンは、仕様変更で米株・NYダウ等の株価が読めなくなりました  新仕様に対応し、正常に読めるようにしました (*)香港ヤフーの仕様変更に対応しました  メニューから[オプション]→[オプション設定]→[起動・株価読込]タブ頁  【中国株の株価取得先】  [○香港ヤフー]⇒[◎米ヤフー]に変更していた場合、初期値の  [◎香港ヤフー]←[○米ヤフー]に戻してもOKです (*)市場とグループの関連を設定するオプション機能を増加しました  市場設定コンボ下です  [OR グループ]....指定市場、又は、グループ指定の銘柄 (1条件)  [AND グループ]...指定市場、かつ、グループ指定の銘柄 (2条件)  [AND全グループ]..指定市場、かつ、全グループ指定銘柄 (多条件)  [グループ優先]...指定市場に関係なくグループ指定の銘柄    従来から[株価読込市場]は[AND グループ]で、グループを優先表示していました  [それ以外の市場]は[OR グループ]で、市場にある、又はグループ指定の銘柄を表示していました  初期設定は従来通りですが、自由に変更できるよう改良しました  例えば、取引額などで絞り込んだ銘柄を[1]にした場合  [ユーザ市場1]で日経225市場を設定しておれば  [ユーザ市場1]とグループ[1]を設定し[AND グループ]を選ぶと  日経225市場の取引額絞り込み銘柄を表示します。  又、スクリーニングの多重絞り込みにも有効に使えます (+)[サムネイル/チャートを「○分」間隔で株価更新]後に  [株価更新後「スクリーニング」]実行機能を追加しました。  例えば、JPX400銘柄をサムネイル表示しておき  この機能を使えば、1分毎にリアル更新とスクリーニングを自動実行します  リアル更新機能を使うので分足の設定は不要で、主に日足を更新します  スクリーニング結果用銘柄リストの項目ソートはそのまま更新されます(有効です)  作者:分足で監視するのは数十銘柄程度しか実用的ではありませんが、     日足のリアル更新なら数百銘柄を監視出来そうです。     多くの銘柄の日足・週足・月足の売買マークや指標値等を簡単に監視出来ます (+)移動平均−1〜3の[乖離率の傾き]や[下部指標の傾き]を廃止し  [乖離率増減]と[下部指標の増減]に変更しました。  [乖離率増減]とは、直近の「乖離率変化」です。  例えば[乖離率増減]は、「乖離率−前足乖離率」で計算します。  作者:従来の乖離率等の傾き計算方法が少しあいまいでした     移動平均等の傾きを求める計算方法を深く考えず乖離率の傾きにも適用していました     冷静に移動平均の傾きを考えた時、少し違うと気づきました     回りくどい方法を使わず、シンプルに前足との差異をそのまま使うのがベストと気づきました     前足に対する乖離率の増減なら厳密に計算出来き、素直に変化を掴めます     恐らく、常識あるユーザさんにも素直に受け入れて頂けると思います     なお、移動平均の傾きは忠実に変化を表しているので、そのままです (+)[QQE]指標を、チャート(売買マーク)・サムネイル・銘柄リストへ追加しました  QQE Quantitative Qualitative Estimation...定量定性評価  MT4でメジャーな人気を持つ指標です  RSIを平均化処理等行った2本のラインからなります  シグナル線に特徴があり、  一般的な使い方は2本のラインのクロスで売買シグナルを判定します  その判定を容易にする目的で[2線乖離]を表示します(銘柄リストも) (+)[Doda・ストキャス]指標を大幅改良し、売買マークを付けました  パラメータを5個にし、元プログラムを少し修正しました  表示自体は元プログラムに準拠しています  チャート(売買マーク)、サムネイル、銘柄リストで使えます  作者:きょうよし さんに複数画像の提供を受け、元プログラムと互換するように努力しました     しかし、MT4でマイナーな指標の為かどう考えてもバグがあります。     原作者の意図を十分尊重し、その上でバグを修正しました     この為、元の指標と少しカーブが異なります     一週間も掛かりました...う〜む、未熟な西君 ヾ(--; (+)銘柄リスト(スクリーニング)項目へ[ローソク足陰陽]を追加しました  最終足の陰陽です  最終足 (100 x (終値−始値)÷始値)...大きな陽線ほど+で、陰線は−になります  分足・日足・週足・月足で使えます  前日比と少し異なり、日足なら、当日の上下を示します  株価読込、株価リアル更新のみで使えます  日中に、時々リアル更新を実行し[ローソク足陰陽]をみれば、急騰・急落銘柄が簡単に掴めます  例えば、前日比で急上昇しても当日急下降(大陰線)している銘柄などを簡単に抽出できます (+)[フラクタル]指標の重要点へ[●]を表示し、陰転・陽転カウントを表示します  Λ:売りの場合、前回より下値でΛを表示した場合●  ∨:買いの場合、前回より上値で∨を表示した場合● (+)[銘柄マスタを最新の情報へ更新]作業で、旧マスタ→新マスタへ財務情報をコピーする  バージョンアップで銘柄マスタの構造変更があった場合、  旧バージョンでは財務情報をクリアしていました。  次回の株価読込で正常に戻ります。  慣れない方が違和感をお持ちのようなので、旧情報をそのまま新情報へコピーします (+)スクリーニングの[WG(ワークグループ)]5段階を10段階に増やしました (+)日足エクスポートで[MT4データ]オプションを追加しました  MT4の日足株価インポート用の形式です (/)銘柄リスト[移動平均比較]項目の名称を[移動平均乖離率差]に変更しました、  項目内容は[長期移動平均乖離率−短期移動平均乖離率]で変更はありません  名称が、従来より直感的で馴染みやすいのではと期待しています。  数値が大きいほど、短期移動平均が長期移動平均の上にあります。 (/)サムネイルのリアル株価更新時、銘柄リスト画面をそのままを維持する  従来はリストを書き換えていましたが、作業中に表示が変わると不便です (-)[カギ足]の描画が買い転換時に狂う→修正 (-)描画設定画面を表示させたまま銘柄を移動させると内容が更新されない→修正しました (-)銘柄リストの[売買マーク]の表示が見ずらい→旧形式へ戻しました (-)スクリーニング市場の設定が反映されない事がある→修正 (-)市場設定画面で空白行をクリックすると[Error GetSijoltem]のエラーダイアログが出る→修正 -------------------------------------------------------------------------------- Ver9.82... 2017.05.11 正規版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (*)米国ヤフーの仕様変更に対応しました  仕様変更で米国株・NYダウ等が読めなくなりました  ※日米ヤフーとも[%5EDJI:NY DOW]の株価履歴公開を止めています   一時的な中断か、永久的な中止かは不明です   もしダウ株価が必要なら、銘柄へグループ番号を付け毎日読込む設定にして下さい。 (*)香港ヤフーの仕様変更に対応しました  幸いなことに、新仕様で中国株の財務データが幾つか読めるようです  [時価総額][発行株数][PER]をサポートしました (+)株価読込へ「指定期間再読込」オプションを追加しました  例えば、直近の1年間で株価が異常かな?  中国株で出来高0で始・高・安・終値が1値の日がある?  等の異常があれば実行して下さい。  指定期間(初期値:250日:約1年)を再読込します  「全期間株価読込」を実行するほどでない場合に使います  又、株式分割・併合があった場合、殆んど(60%程度)自動的に修正しますが  もし漏れのある場合、この作業を実行すれば自動的に修正します  ※特に香港ヤフーで、出来高0、1値の日がまれに発生します   香港ヤフーの最新仕様は、18ヶ月程度しか過去株価を持っていないようです   「全期間株価読込」を実行するとそれ以前の株価が無効になるので   新機能の「指定期間再読込」を実行して下さい  注意:実行はかなり時間が掛かります     作者環境で5000銘柄を実行すると一晩(12時間)掛かりました (+)出来高へ[出来高四季表示]を追加しました  [ 〃 移動平均]のEMA期間の移動平均線が対象です  表示に好みがありそうなので、個別に表示/非表示を選択できます (+)日足・週足・月足の連動強化  [日足⇔週足][週足⇔月足][日足⇔週足⇔月足]連動時、連動先の株価を表示します (/)「取引記録・損益計算」頁の[「為替レート」参照]を最新サイトに修正しました  エイト証券(旧UW証券)の為替履歴サイトを参照します (-)[マイ・シミュレーション]のチャート上右クリック:リスト入力が異常→修正  他の機能追加時、悪影響を受けたようです m(__)m (-)作業用フォームで最下行の案内メッセージを表示しない→修正 -------------------------------------------------------------------------------- Ver9.83... 2017.05.19 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (+)指標シミュレーションの選択項目へ[最終範囲:計算する]を追加しました。  [計算する] 最終の売買マーク以降を最終株価日まで利益計算します  [計算しない] 〃 計算しません...従来互換です (/)スクリーニングの高速をテスト実装しました  少しでも早くなれば嬉しいです  →たつ さん、ご要望ありがとうございます。 (-)新値足が誤描画する→修正  最終足で反転する場合の処理がおかしかったようです。  例えば「9755:応用地質」週足の新値足が異常表示していました  →kokoa さん、ご指摘ありがとうございます。 -------------------------------------------------------------------------------- Ver9.84... 2017.06.22 β版 (*:大変更)(+:新規)(/:変更)(-:バグ)(?:未定)(!:情報) (+)[比較チャート]→[乖離率]へ表示オプションを追加しました  [ヒストグラム]従来互換のバー  [ライン]   折線表示  ☆乖離率の表示位置を出来高の上へ移動し、見やすくしました  →kokoa さん、ご要望ありがとうございます。   ご要望を全く満たしていませんが、少しだけ見やすくしました。 (+)銘柄リストのエクスポートへ[単位出力(%,σ)]オプションを追加しました  [〆]カラム数値へ[%][σ]等の単位を付加する...初期値で従来通り  [ ]単位を付加しないで数値のみ出力する    Excel等で加工するのに便利そうです  ☆同時に不要なカラム名を出力しないように改良しました  →ともさん、ご要望ありがとうございます。 (/)ローソク足表示期間の[〜至日時]の表示を変更しました  従来はローソク足の右余白を含めていましたが、新仕様で実データの末尾を表示します  恐らく、新仕様の方が直感的だと思います (/)指標シミュレーションの選択項目へ[計算範囲]を追加しました。  [マーク通り]売買マーク通りに計算します...従来互換です   [最終足まで]最後の売買マーク以降、最終足まで利益計算します (/)買いマーク・売りマーク右の[複合条件]→[指標AND]項目名を変更しました  指定全指標が▲同時点灯で買い。 チェックなしは、いずれかの▲点灯で買い(指標OR)  指定全指標が▼同時点灯で売り。 チェックなしは、いずれかの▼点灯で売り(指標OR)  直感的な理解のしやすさを狙ったもので、動作に変更はありません (/)移動平均[高安値平均]を[高安値バンド]に名称変更しました  この方が直感的に実態を表しているようです (-)RSI系列の例外時計算を正常処理にしました  RSI,RSIOMA,VLDMI,QQE指標で、終値一致が続くと低い値を誤表示していました (-)銘柄リストの項目[1本足型]⇔[上髭下髭長]項目名と内容が互いに食い違っていた -------------------< 将来の展望 >------------------------------------ ・一番勉強したいのは、総合的な戦略です  西君なりのシステム売買を構築中です ※「株羅針盤サポート掲示板」を開設しています、参加をお待ちしています http://space.bbs.coocan.jp/ メニューから[ヘルプ]→[サポート掲示板]で選択できます ※β版はマニュアル未更新です、新規機能を追加して新たなバグが混入しているかも知れません。  お手数ですが、バグなどを見つけたらサポート掲示板でご指摘下さると嬉しいです